ホーム > 調査研究事業 > 調査研究事業の概要

調査研究事業の概要

国、地方公共団体、民間企業から業務を受託し、調査、研究、技術支援を実施しています。

また、自主研究として浄化槽の適正処理技術の開発、維持管理技術に関する調査研究を行うことで浄化槽技術の発展に寄与するとともに、得られた情報を整理し講習会業務等に役立てています。

調査研究

国の行政施策に必要な基礎調査、新たな技術開発に対応した維持管理技術等の検討を行っています。団体や民間からはそれぞれの抱える課題に対して、調査研究、技術支援を行っています。

既往の実績 (昭和40〜平成25年度)
調査研究課題 238課題→(PDFpdf

  1. 官公庁委託調査業務
  2. 民間委託調査業務
  3. 国際支援に関する調査業務

生活排水処理計画策定

地域の生活排水処理計画について、人口減少等の社会情勢の変化を踏まえた計画の見直し業務、汚泥処理計画の策定等、地域の実情に応じた生活排水処理計画策定の業務を受託しています。

既往の実績 (昭和61〜平成22年度)
受託業務 32件→(PDFpdf

機能調査・技術支援

浄化槽の機能調査、し尿処理施設及びコミュニティ・プラントの精密機能検査を行っています。

既往の実績(平成5〜24年度)→(PDFpdf

流入物質の影響試験

浄化槽には家庭生活において使用される洗剤、洗浄剤等や浄化槽の維持管理の際に使用される殺虫剤、消泡剤等、様々な物質が流入する可能性があります。これらの物質について、浄化槽の処理機能に及ぼす影響を明らかにするための評価試験を実施し、使用の可否及び使用の条件を評価しています。

既往の実績 (平成15〜20年度)

環境技術実証事業

当教育センターでは、本実証事業開始当初から試料採取・分析等業務に携わり、平成19年度から23年度は実証機関として参加しています。

環境技術実証事業についてこちら

既往の実績 (平成15〜24年度)→(PDFpdf
実証機関業務5技術 試料採取・分析等業務7技術

学会報告

種々の調査研究を行った結果を日本水環境学会、廃棄物学会、水処理生物学会、全国都市清掃研究・事例発表会等への口頭発表や学会誌への論文投稿を行っています。
既往の実績(昭和54年〜平成25年6月現在)
研究発表課題 137課題→(PDFpdf
論文投稿 51報→(PDFpdf

調査・研究グループ  Tel:03-3635-4885 Fax:03-3635-4886

E-mail:chohsa@jeces.or.jp

ページトップへ

PDFファイルをご覧いただくには無料配布 されているAdobe Readerが必要です。 お持ちでない方は、下のアイコンから ダウンロード して御利用ください。
adobe