本文へ移動

浄化槽研究助成

 浄化槽に関する新技術の開発等に寄与することを目的として、その基盤となる学術研究及び調査に対して助成を行っています。
 助成対象の研究課題は、浄化槽に関する新技術の開発、生活排水処理手法、社会科学的な研究等、原則として浄化槽に関する研究とします。
 また、助成の対象者は、大学、国公立研究機関、公益法人研究機関及びNPO法人等に所属している研究者となっています。研究等の期間は、原則として年度末までに研究等の成果が得られるものとしています。
 ただし、研究等の内容及びその他の状況により必要と認められる場合はその期間を延伸することができます。
  • 助成金額
 採択件数の総額で100万円程度
  • 助成実績(昭和62年~令和2年度)
 申請数707件
 採択数175件

令和4年度浄化槽に関する調査研究助成課題

令和4年度の浄化槽に関する研究助成委員会において、以下の1課題が選定されました。

課題
代表研究者
1.
循環共生社会を目指した浄化槽の普及に向けた住民のコミュニケーション構造モデルの精緻化
長尾 雅信

最近3年間の研究助成課題

年度
課題
代表研究者
令和元年
多変量解析を用いた水質悪化施設における原因究明および維持管理への適用
佐々木 敦
令和2年度
熱帯・亜熱帯地域における分散型処理槽からの温室効果ガス発生特性と制御手法に関する研究
西村文武
令和3年度
深層学習による定点カメラ画像から浄化槽の処理状況を予測する技術の開発
川上 周司
循環共生社会を目指した浄化槽の普及に係る市民意識の調査
長尾 雅信
単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換の意思決定を阻害する要因の評価と転換促進を実現する方策の提案
大塚 佳臣

お問い合わせ

 情報・ITグループ
 Tel:03-3635-4884 Fax:03-3635-4886
 E-mail:joho@jeces.or.jp
公益財団法人
日本環境整備教育センター
〒130-0024
東京都墨田区菊川2-23-3
TEL.03-3635-4880(代表)


TOPへ戻る